千葉でも千葉以外でも通じる一般的な葬儀の流れとは?

私は千葉に住む50代の主婦です。

いずれは誰もが経験することになる葬儀ですが、いざ自分の身内で葬儀が発生すると動揺してしまいますよね。

スムーズに葬儀を行うために、私たちも葬儀の流れを知っておかないとだめですね。

葬儀は地域によっては独特なしきたりや風習があり、私が住んでいる千葉の葬儀もいくつかの「ならでは」があるのですが、ここでは一般的とされている、葬儀の基本的な流れにしぼってまとめてみました。

まず、臨終から葬儀の打ち合わせまでです。

《ご臨終から搬送まで》

多くの方が病院で亡くなられるので、病院で亡くなられた場合の流れをご紹介します。

医師が死亡の判定をしたら、まだ連絡できていない親族や親しい友人、知人に連絡をします。

病院の場合、長い間ご遺体を安置できないので、搬送してもらうことになりますが、すでに決めていた葬儀社があるならそこへ連絡します。

病院紹介の葬儀社なら、すぐに搬送してもらえるので良いのですが、後に料金トラブルなどが発生しやすいので注意が必要です。

搬送先もあらかじめ決めておかないといけません。

《家族内で打ち合わせ》

ご遺体が搬送されて安置されたら、家族内で喪主は誰にするか、どんな規模の葬儀にするか、遺影写真はどれにするかを決めます。

亡くなってからだと決める時間がないので落ち着いて決められないため、できればこれらは生前に決めておく方が良いですね。

《生前に決められることは決めておく》

まだ生きているのに葬儀の話なんて縁起でもない!と思い、この話題は避けがちですが、事前に決めておけばスムーズに流れます。

亡くなった直後は動揺もしますし気持ちの整理もつかないためなかなかまとまらないため、事前に決めておくと良いでしょう。

▼実は様々ある葬儀のかたち、知っておこう⇒http://www.hakuzensha.co.jp/