結婚指輪は用意する?しない?

結婚指輪というのは、結婚した男女がその証に贈り合う指輪のことなのですが、そもそも結婚指輪というのは必ず用意するものなのでしょうか?

日本は昔和装であったことから、指輪をする文化というのはかなり遅くなってからのことであり、実は結婚指輪の歴史というのは長いものではないのですが、それでも周りを見渡せば、意外と結婚指輪を身に着けている人というのは多いものです。

派手な結婚式が一般的であったバブル時代が終わって、地味婚が比較的一般的になってきた時代でも結婚指輪だけは用意すると言うカップルは多い様です。

▼Pickupページ–>ココロを掴む結婚指輪について学べるブログ

やっぱり結婚指輪は用意するものなのでしょうか?

一般的に結婚指輪を用意するカップルが多い様に見受けられますが、それでも必ず用意しなくてはならないということでもありません。

指輪自体を身に着けない人もいるし、仕事柄指輪が着けられないと言う人もいるので、その場合は腕時計などその代わりになるものを贈り合っているカップルもいます。

結婚指輪はあくまで結婚の証としての贈り物なので、二人が納得した上でなら結婚指輪であっても、違うものでも構わないということですね。

経済的に結婚指輪の準備が難しいと言う場合には、結婚式までに準備ができなくても、何年後の結婚記念日に贈るなど、記念日に用意するというのもいいでしょう。

あくまでも気持ちの問題であり、結婚指輪があるかないか、高価であるかどうかということは人が決められることではないのです。