結婚指輪のデザインはどんなの?

結婚指輪といえば、全体的にシンプルなデザインが多くなります。

毎日身に着けるものですから、生活する上で邪魔にならないデザインが好ましいことや普段着けなれていない男性も使用することから、シンプルなデザインの方が違和感無くて良いと言うことです。

結婚指輪のデザインと言えば、定番のラインはストレート、ウェーブ、V字ラインなどになります。

ストレートラインは最もシンプルなデザインですが、実は指輪の幅を変えることで雰囲気を変えることができます。

一般的に多いデザインは3ミリくらいのもので、細くなれば華奢で優しい印象であり、太くなれば存在感があり重厚な印象があります。

また、ストレートでも角バッタデザインと丸みのあるデザインがあり、それぞれに違う印象を出すことができます。

よってストレートデザインであっても幅と丸みの組み合わせ方によって、自分らしい結婚指輪にすることができます。

ウェーブラインは、柔らかい曲線があるので、全体的に優しく品のある印象になります。

曲線になっていることで、指のごつさや太さをカバーすることができるので、男性でも女性でも素敵に身に着けることができます。

指の短さが気になっている人は緩やかな曲線を付けることで、指輪を長くさらにスッキリさせてみせることができるのでおすすめです。

V字ラインは、はっきりと形のデザイン性があるので男性では抵抗があると言う人も多いのですが、指にはめるとそのV字部分は意外と気にならないもので、返って指にフィットして違和感無く見せることができます。