結婚指輪の素材はどれがよいか?

結婚指輪といえば、毎日着ける指輪で、更に外さないで手を洗ったり、お風呂に入ったりとするので、気になることといえば、デザインだけではなく、使用されている素材のことです。

結婚指輪に使用される素材といえば、プラチナ、ゴールドが主流です。

日本ではプラチナ人気が高く、最も種類が多いと言えるでしょう。

プラチナは変形しにくい、色が変わりにくいなど耐久性がある素材で、毎日身につけたままの結婚指輪の素材としてはもってこいの素材と言えるでしょう。

ゴールドの様にキラキラしないので、アクセサリの苦手な男性でも抵抗無く身に着けることができます。

最近ではゴールド素材の結婚指輪も人気が出てきています。

欧米ではゴールドの結婚指輪が主流で、日本では肌色の関係で目立つということもあって抵抗があると言う人が多かったのですが、ファッションの雰囲気が変わってきたことや、ゴールドといってもピンクゴールドといって、優しい雰囲気で控えめなゴールド素材もでてきたことから、種類が増えている傾向にあります。

ゴールド素材も耐久性に関しては問題なく結婚指輪に適しています。

その他、金属アレルギーがある人にはチタンやレアメタル素材の結婚指輪がおすすめです。

◎Check!>>(URL:http://matome.naver.jp/odai/2135114015386117501

チタン素材はプラチナよりも硬度が高く、軽い素材なので、指輪をするのが苦手と言う男性でも着けやすい素材となっています。

加工次第では、鮮やかな発色があるので個性的な結婚指輪にすることができます。