最近多い葬儀の形、家族葬の流れとは?

最近では一般の葬儀よりも家族葬という形で終わらせるところが増えていますね。

都市部はもちろん、地方でもこのような形が増えているようです。

ここでは、家族葬の流れをまとめておきますので参考にしてください。

《家族葬の準備》

家族葬にすると決めていたのなら、生前から家族で話し合って参列者を決めておくことが大切です。

一般的に家族葬と言えば親族とごく近しい友人に限定します。

あらかじめ呼ぶ人、呼ばない人を決めておけばもしもの時も迷うことはありません。

《逝去から葬儀までの流れ》

病院などで亡くなった場合、ご遺体を安置する場所へ搬送しなければなりませんが、自宅だと近所の人に不幸があったことがわかってしまうので斎場など別の場所へ搬送します。

そして葬儀の打ち合わせをします。

葬儀の日程などを伝える訃報には、家族葬で見送る旨を明記します。

お花や香典を辞退する場合も明記しておきます。

その後お通夜、告別式と行います。

親族とごく親しい人だけなので、ゆっくりと故人と最期の時間を過ごすことができます。

《葬儀後の手続きの流れ》

家族葬が終わった後は、知らせなかった人に家族葬が終わったことを伝えます。

四十九日が終わった時や喪中はがきを送るタイミングで知らせる人が多いですね。

お知らせを見て自宅へ弔問に訪れる人もいるでしょうから、返礼品などの準備が必要です。

家族葬の場合、後で知った人からどうして教えてくれなかったのかといわれることもあるそうです。

故人の強い意思で家族葬にしたことを説明しないといけませんね。